欧州委員会の承認するISCC(バイオ燃料の持続可能性を証明する認証制度 )の認証を受けました

当社は、欧州委員会の承認するISCC(International Sustainability and Carbon Certification)の認証を受けました。

この認証は、バイオ燃料の原料について、熱帯雨林や泥炭地をプランテーション化した生産物(パームバージン油等)ではなく、かつ、化石燃料と比較して温室効果ガス排出量が大幅に少ない燃料であることを証明するものです。

欧州域内では本年より、輸入燃料も含め、ISCC等の認証を受けていない燃料は持続可能な燃料として認められません。

当社のバイオディーゼル燃料『C-FUEL』は使用済み食用油100%を原料に製造されており、第三者検証・認定機関である『Control Union Certificate』によりISCCの認証を受けました。

日本企業としては初の認証であり、世界的にも、使用済み食用油由来のバイオディーゼル燃料は例が少ないものです。

現在当社は、オランダの大手エネルギー供給企業Argosへ、公的に持続可能性を証明された燃料としてC-FUELを輸出しています。

ISCC認証書

About these ads

0 Responses to “欧州委員会の承認するISCC(バイオ燃料の持続可能性を証明する認証制度 )の認証を受けました”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




お問い合わせ

バイオディーゼル燃料C-FUEL、使用済み食用油お引取り、地域の使用済み食用油リサイクル活動についてのご相談を承っています。
お気軽にお問い合わせください。

レボインターナショナル京都本社
075-604-0518(平日9:00~18:00)
nanohana@e-revo.jp

Blog Stats

  • 20,501 hits

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。